ARスマホアプリ「イクちゃん」

広島県の子育て応援キャラクター「イクちゃん」の声を担当させて頂きました。 
「イクちゃん」は「特定保育」の情報などを発信しています。 


「特定保育」とは・・・ 
休日保育や、病児・病後児保育などのことです。 


昨年度、県が子供を持つ保護者対象に行ったアンケートをしたところ 
休日保育、病児・病後児保育の特別保育の情報提供の認知度が 
低いことがわかった為、 

情報収集に効果的であるという意見が多かった、 
ショッピングモールやスマホを活用とした 
情報提供の活動を開始することになったそうです。 


 ●具体的には 
 ショッピングモールのフードコートのテーブルや 
 地域の子育て支援センター等に協力を得て、 
 「テーブルステッカー」(情報が書かれたA4くらいのカラー刷り大ステッカー)を 
 貼っていただく。 

 「テーブルステッカー」内にある、 
 ARを認識するイラスト部分にスマホをかざすと 
 スマホ画面上にイクちゃんが立体で現れ、 
 特別保育の情報をキャラと音声で紹介するというものです。 

 スマホアプリを使った子育て支援情報発信は全国で初だそうです。 
 広島県って進んでるな!と関心しました。 

 それに、県や関連サイトを見ても 
 子育て支援にすごく力を入れてるのがわかります。 

 スマホアプリARで立体となって見えるイクちゃんが 
 特定保育の情報をお話してくれるのを見れるのは 
 1月末くらいかな。 


▼詳細ページはコチラ 
イクちゃんネット


このようなお仕事ができて大変光栄です。  
ありがとうございました!(´∀`)